北条高時blog 闘犬乱舞。

うつつなき太守による歴ヲタの備忘録です

嘉暦の騒動とは~北条得宗家の家督継承を巡り、世間聊か騒動す

正中3年(1326)3月13日、『鎌倉年代記』にはこう記されている。

正五位下行相模守平朝臣高時所労に依って出家す。
この後世間聊か騒動す。

ワシはもともと蒲柳の質ゆえ、兄弟たちも夭逝している。このころには、病を患い、執権の職もままならなくなっており、高時はこの日、出家した。法名は「崇鑑」。ところが、ワシが出家すると、得宗家の跡目争いがはじまったのじゃ。

北条高時

長崎円喜・高資父子や御内人は、同じ得宗被官である五大院宗繁の妹・常葉前の間に生まれた幼い万寿丸(太郎邦時)を推す。いっぽう、高時の母・覚海尼、妻の実家の安達氏は、御内人の勢力拡大を恐れ、弟の泰家を推す。

わしとしては長崎の機嫌を損じても困るし、母上たちに文句をいわれるのも嫌。仏門に入っても、浮世の些事に心をくだかねばならないというのは、なんともめんどうくさい。

とはいえ、家督相続のことは、さほど急いで決める必要もないが、執権職はそうはいかん。そうした中で、長崎は先手をうって、万寿丸が大きくなるまでの中継として、お人好しの金沢貞顕を執権に据えてしまった。

これに母上と安達氏、そして泰家がブチ切れた。『保暦間記』の3月16日にはこう記されている。

嘉暦元年三月十三日高時依所労出家ス。法名宗鑑。舎弟左近大夫将監泰家。宜執権ヲモ相継グベカリケルヲ。高資修理権大夫貞顕ヲ執権トス。貞顕ハ義時子ニ五郎実泰ガ彦。越後守実時ガ孫。金沢越後守顕時子ナリ。爰ニ泰家高時母儀 貞時朝臣後家。城大室太郎左衛門女。是ヲ憤リ。泰家ヲ同十六日出家セサス。無甲斐事也。其後関東ノ侍。老タルハ不及申。十六七ノ若者ドモマデ皆出家入道ス。イマイマシク不思議ノ瑞相也。此事泰家モサスガ無念ニ思ヒ母儀モ憤リ深キニ依テ。貞顕被誅ナント聞エケル程ニ。貞顕評定ノ出仕一両度シテ出家畢。同四月廿四日相模守守時。武蔵守久時男。于時武蔵守。修理大夫維貞彼両人ヲモ将軍ノ執権ス。是モ高資ガ僻事シタリトゾ申ケル。

母上と泰家は逆上、「貞顕が得宗をのっとるつもりじゃ」と因縁をつけて、今にも貞顕を殺そうかという勢い。うかれていた貞顕は、たった10日で執権を辞めてしまい、これまた出家してしまうのじゃ。

なんとも騒々しい……こうなってくると、みんな執権などやりたがるものはいなくなってしまったが、けっきょくは赤橋守時が執権に、連署には大仏維貞が就任する。
そして邦時は執権守時が後見し、先例にならって5歳で八幡宮参詣を行い、得宗の後継者としての儀式が滞りなく行われた。長崎父子の勝利じゃ。

それにしても、いちばんかわいそうなのは、こんなゴタゴタのあとに執権をやらされた赤橋守時。安達や母上、泰家から恨まれるわ、長崎にあれこれいわれて牛耳られるわ……

そんな中、守時が頼りにしたのは、じつは妹・登子が嫁いだ足利高氏だったかもしれぬ。しかし最後に高氏は鎌倉幕府を裏切り、守時は北条一門から裏切りよばわりされてしまうのじゃが……

その嫌疑をはらすためか、はたまた抗議の意味もあったのか、守時は洲崎で新田義貞軍に吶喊して、壮絶な戦死を遂げている。その話は、またいずれ。