鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

北条経時公のお墓詣りに、材木座の光明寺に行ってきた

今日はちょうど材木座に行くついでがあったので、わしは愛犬をつれて光明寺に行ってきたぞ。光明寺鎌倉幕府・第4代執権の北条経時公を開基として、然阿良忠上人が開山した浄土宗の寺院じゃ。

f:id:takatoki_hojo:20160214105225j:plain

光明寺は鎌倉のメインの観光コースからははずれていることもあって観光客は少ない。じゃが、立派な山門のある大きなお寺なんじゃよ。境内には湘南獣医師会による動物霊堂もある。

本堂の裏手の天照山への山道を少し登ると、鎌倉の海が一望できてなかなかの好風景。展望台の近くには歴代住職の御廟所があって、そこには北条経時公の墓もある。

祖父・泰時の薫陶を受けた弥四郎経時

北条経時公は北条時氏公の長子で時頼公の兄、泰時公の嫡孫にあたる。母は賢母で知られる松下禅尼。7歳のときに父・時氏公が急逝。経時公は北条氏嫡流として、泰時公の期待を一身に集めて薫陶を受けることとなる。

11歳のとき、摂家将軍九条頼経公を烏帽子親として元服。「経」の字を拝領し、弥四郎経時を名乗る。その後、宇都宮泰綱の娘と婚約し、若狭守護、小侍所別当評定衆を歴任し、泰時公の後継としての道を歩み始めるのじゃ。

吾妻鏡」によると、寛文2年(1241)11月25日、泰時公が自邸でお食事会を開いととき、若い経時公と金沢実時公を呼びよせ、こう言い含めたという。

「文を好み事を為し、 武家の政道を扶くべし。且つは陸奥掃部の助(北条実時)に相談せらるべし。凡そ両人相互に水魚の思いを成さるべきの由」

自分亡き後の鎌倉をこのふたりに託そうという思いだったんじゃろうな。

じゃが、その4日後、若宮大路の遊女屋でたむろしていた三浦氏と小山氏が些細なことから喧嘩となり、「すわ合戦か!」という騒動が起こる。泰時公はその対応に苦慮するのじゃが、このとき、経時公は縁戚である三浦氏に家人を加勢させてしまうのじゃ。いっぽう、弟の時頼公は静観しており、泰時公は経時公に謹慎を命じ、時頼公を大いに褒めたという。

「各々将来御後見の器なり。諸御家人の事に対し、爭か好悪を存ぜんか。親衛(経時)の所為太だ軽骨なり。暫く前に来るべからず。武衛(時頼)の斟酌頗る大儀に似たり。追って優賞有るべし」

蒲柳の質でおとなしい印象の経時公も、思いの外、熱い漢だったのかもしれぬな。

f:id:takatoki_hojo:20160214105257j:plain

将軍・九条頼経を更迭し、政権基盤の安定を図る

仁治3年(1242)、泰時公の死により、経時公は執権となる。じゃが、19歳という若さということもあり、その政権基盤はかなり不安定であったようじゃ。事実、泰時公の死の前後、名越流北条氏や三浦氏には不穏な動きがあり、鎌倉で合戦が起こるという風聞が流れたらしい。

執権就任後も将軍・九条頼経公と対峙することになる。傀儡といわれてきた頼経も長く鎌倉にいればそれなりの影響力をもつようになり、名越朝時ら反執権政治勢力も接近する。また、関東申次をつとめる父・九条道家も幕政に介入し、三浦氏、千葉氏なども頼経の側近くに集まり、派閥を形成しはじめた。

経時公はこうした動きに果断に対処する。頼経公の将軍職をわずか6歳の息子・頼嗣公に強引に譲らせてしまったのじゃ。そして、16歳の異母妹・檜皮姫を頼嗣の正室にし、将軍家との外戚関係をつくって、その権力基盤を固めていったのじゃ。

もっとも、頼経は、その後も鎌倉に居座り、大御所として君臨。京都に強制送還できたのは、けっきょく時頼公の代になってからなんじゃがな。

f:id:takatoki_hojo:20160214105310j:plain

「深秘の御沙汰」により、執権職は経時から時頼へ

執権という職務はなかなかに激務じゃ。そのため、経時公はしばしば体調を崩して周囲をはらはらさせていたが、寛元4年(1246)3月、いよいよ病状が悪化する。そこで経時公の屋敷に一門重臣たちが密かに集まり、「深秘の御沙汰」という秘密会合が行われ、時頼公の執権就任が決定されたのじゃ。

武州の御方に於いて深秘の御沙汰等有りと。その後執権を舎弟大夫将監時頼朝臣に譲り奉らる。これ存命その恃み無きの上、両息未だ幼稚の間、始終の牢籠を止めんが為、上の御計たるべきの由、真実御意より趣くと。左親衛即ち領状を申さると。

経時公には6歳の隆政、3歳の頼助というふたりの息子がいたが、後継とするにはあまりにも幼ない。そこで経時公は時頼公に後事を託したというわけじゃ。

ちなみにその後、隆政も頼助も仏門に入り、経時公の直系は絶える。そして、得宗家は時頼公の血筋に受け継がれていったことから、この執権交代劇については陰謀めいた説を唱える識者もおる。まあ、そもそも「吾妻鏡」は時頼公の孫、わが父・貞時公の時代に編纂されたものじゃから、そういう見方もあるかもしれぬ。権謀術数に長けた北条氏じゃからな。とはいえ、この件については、わしの立場はなんともいいにくいぞ。

ちなみに、NHK大河ドラマ北条時宗」では、渡辺謙さん演じる時頼公が、兄の経時公に密かに呼び出され、自分の死因は何者かに盛られた毒のせいだと語る場面があった。若くして亡くなった頼嗣室・檜皮姫も一服盛られたという。犯人の名は明かされなかったが、おそらく前将軍頼経や名越流北条氏という含みじゃろう。そして、そんな時頼公もまた何者かに毒を盛られて殺されてしまう。もちろんこれはドラマじゃが、まったくの創作とは言い切れない気がするのう。

f:id:takatoki_hojo:20160214105241j:plain

寛元4年4月、北条経時公は出家して安楽と号し、閏4月1日に没。享年23歳。この若さがなんとも悲しい。名執権の誉れ高い泰時公と時頼公の狭間で、経時公はメジャーではない。じゃが、北条にとって難しい時期に、経時公が果たした役割はじつに大きなものであったと、わしは思うぞ。

なお、そんな経時公と檜皮姫、そして時頼公についてもっと知りたいというかたは、河村恵理さんの『鎌倉秘恋 北条恋ヶ谷』がおすすめ。

「頼朝亡き後、後ろ盾をなくした北条家の執権・経時は16歳の妹・檜皮姫を7歳の将軍に嫁がせた。しかし、その妹が本当に愛していたのは…!? 堕ちたのは恋の谷。鎌倉を舞台に、政敵と戦う男たちと、彼らを愛した女たちの物語」

よろしければ、ご一読を。

鎌倉秘恋 北条恋ヶ谷 (プリンセス・コミックス)

鎌倉秘恋 北条恋ヶ谷 (プリンセス・コミックス)