北条高時blog 闘犬乱舞。

うつつなき太守による歴ヲタの備忘録です

交代カードも奏功せず、なすすべなく完敗したけど……FC東京 VS 湘南

今日の相手はリーグ戦未だ勝ち星なしで、ここまで調子があがってこないFC東京。良いスタートをきれただけに、湘南としては勝って叩いておきたいところじゃったが……なすすべもなくやられてしもうたわ。

f:id:takatoki_hojo:20180321151826j:plain

2018 J1 第4節 @ 味の素スタジアム
FC東京 1−0 湘南ベルマーレ

得点差以上の完敗。序盤こそ攻勢をかけボールを回せていたけれど、湘南の気負いを見て取ったか、東京は冷静に対処、じょじょに自分たちのペースに持ち込んで行く。シンプルに長いボールをディエゴ・オリベイラに入れてこられて、ピンチを招く。いっぽう湘南のチャンスは今日スタメンの梅崎司のFKくらいか。それでも前半はまだよかった。

「やられる前にやらないと……」守備が堅い東京相手に先取点を与えるのは致命傷になる。そんな思いで迎えた後半早々、ディエゴ・オリベイラに隙を突かれて失点。もう、攻めるしかない。

じゃが、そんな湘南にアクシデント。梅崎が負傷して齊藤未月に交代。なんか、攻めのカードを一枚失った感じ。その後、チョウさんは勝負の2枚替え。松田天馬、杉岡大輝に代えて新井光、ミキッチを投入する。じゃが、残念ながら、今日の交代カードは奏功しなかった。劣勢な中で、攻撃面で可能性を感じた3人が引っ込んだ時点で詰んでしまった感じじゃな。

中盤を安定させたいなら未月ではなく石川俊輝を入れてほしかったし、ミキッチは杉岡ではなく高山薫と代えるほうがよかったように、わしは思う。今日の高山はスプリントこそしていたけど、攻撃面で効いていたようには見えなかったし。新井光も、彼の出来云々以前に、この場面は少々荷が重かったのではないかと。まあ、チョウさんの期待がでかいことのあらわれだとも思うし、個人的には、この場面で新井のプレイを見たかった思いもあるから、チョウさんの采配をdisっているわけではないので、あしからず。

イジョンヒョプは森重真人(やはり代表クラスだ)にことごとく競り負けたし、相手を背負っても前を向ける梅崎も天馬もいないから、なかなか攻勢に転じることができない。球際も走力も上回られて、最後はアンドレ・バイアを前線に置いてのパワープレイしか選択肢なし。残念ながら、シュート2本の しおしおのぱーな90分間じゃった。

ただ、こういう日もある。次にどう生かすか。これが湘南躍進のキーだから、つぎの試合に期待しよう。

f:id:takatoki_hojo:20180320003615j:plain

秋元陽太……勝ちたかったよな。でも、秋元の活躍がなければ、この日はスコア的にさらにワンサイドのゲームになっていたと思う。負けちゃったけど、秋元の存在はやはりでかい。

ストイックに、スタイルに酔うことなく勝利を、結果を求めて戦うのが今年の湘南スタイル。どんな仕上がりでも、どんな相手でも。そのためには体を張った守備は前提条件。頼りになるのはやっぱり秋元陽太、ということで。