北条高時blog 闘犬乱舞。

うつつなき太守による歴ヲタの備忘録です

広島 vs 湘南 秋元陽太の神セーブとオウンさんのゴールでベルマーレに貴重な勝点1

森保一日本代表監督の目の前で、湘南は首位・広島相手に、秋元陽太の神セーブとオウンさんのゴールで貴重な勝点1。もぎとったり!

f:id:takatoki_hojo:20180811112939p:plain

2018 J1 第20節 @エディオンスタジアム
サンフレッチェ広島 2−2 湘南ベルマーレ 

ここのところの好調ぶりそのままに、いい感じで試合に入った湘南。開始早々に相手のハンドでPKをゲット、山﨑凌吾がこれをきっちり決めて幸先よく先制する。じゃが、その後は広島にボールを支配され、我慢の時間帯が続く。もっとも、これは想定内。しっかり跳ね返してこのまま1点リードで前半を終えたかったのじゃが……世界の西村クオリティにやられてしまった。

山根視来、なんかしたのか? 柏好文がぶっ倒れていたけど、わしにはよくわからんかった。じゃが、グローバルスタンダードを知る西村雄一主審がそういうんじゃから、なにかあったんじゃろう。じゃが、この失点は痛かった。

後半は広島が湘南を圧倒。秋元の神セーブ連発がなかったら、高校野球の地方予選並みのスコアになっていたかもしれん。じゃが、どうにかこうにか凌いできた77分、今日もキレキレの柏に決められてしまう。

さすがに広島は強かった。万事休す。またホームで出直し……そんな感じで迎えたアディショナルタイム、なんと、ここでオウンさんの同点ゴールが飛び出した。なんというラッキー!バカバカバカ、ビール吹いたじゃないか。いやあ、こういうことが起こるんじゃのう。

じゃがこれ、正確なロングフィード(山根?坂?)、山﨑の競り合い、そして野田隆之介の猛追によるプレッシャーがあったからこそ、オウンさんが決めてくれたともいえる。

湘南にとっては大きな大きな勝点1。暑い中、選手たちは本当によく走った。特に今日初スタメンの小川慶治朗は鬼神のようじゃったぞ。現地応援組もお疲れ様。次節、久しぶりのホームで勝利のダンスを踊ろうぞ。

こちらは城福さん、激おこです。そりゃ、そうじゃよな。

f:id:takatoki_hojo:20180811112459p:plain

追伸
試合前には、西日本豪雨と原爆の犠牲者に黙祷。あらためてサッカーのある日常に感謝。