北条高時blog 闘犬乱舞。

うつつなき太守による歴ヲタの備忘録です

湘南 vs. 札幌 2度リードするも追いつかれてドロー

2度リードして結局勝ち切れずドロー。勝ちきりたかったのはたしかじゃが、まあ、内容的には勝点1は妥当か。札幌の攻撃陣は強烈だったしな。

f:id:takatoki_hojo:20181021171331j:plain

2018 J1 第30節 @ Shonan BMWスタジアム平塚
北海道コンサドーレ札幌 2−2 湘南ベルマーレ

東海道線内でコンササポをみかけて感じた久しぶり感。J2時代には毎年しのぎを削った相手だったが、ここ数年は対戦がないんだよね。その間、札幌はACLを狙える強豪クラブになり、ちょっと差をつけられたような気もするが、まあ、今日勝っておけば問題なし。アウエイでは都倉賢にやられて悔しい思いをしただけに、リベンジしたいところじゃったが…

案の定、試合は札幌に押し込まれる展開。札幌のジェイ、都倉、チャナティップの前3人はやはり脅威じゃった。それでも、どうにかこうにか凌いでいると、山﨑凌吾が左脚を一閃。湘南がワンチャンスものにして首尾よく先制する。

じゃが、後半開始早々、札幌はCKがポストに直接あたり、こぼれたところをジェイが押し込み同点に追いつかれる。ストライカーの前には、あんな感じでボールがこぼれてくるんじゃな。

それでもセットプレイにはセットプレイでお返し。FKのチャンス、梅崎司がちょんと流したところを杉岡大暉がズドン!勝ち越しに成功する。まさに、してやったり。いい時間帯に勝ち越し、ここまでは湘南のプラン通りの展開じゃった。

その後も湘南は引きこもることなく追加点を奪いに行く。セットプレイで惜しい場面もあったし、ここで追加点を奪って勝利を手繰り寄せたかったんじゃがな。そこはまだまだ課題があるということじゃろう。

同点にされた場面は攻勢に出た直後のカウンター。縦パスを受けた高山薫がうまく体を入れ替えゴールに迫ったが後ろから倒されてボールを奪われると、一気にやられてしまった。

じゃが、高山が倒された場面、あれはファールじゃないのか。わしには後ろから足を引っ掛けたようにみえたぞ。チャナティップのゴールも、戻ってきたDFにあたってのもので、この失点は湘南にとっては不運だった。

とはいえ、彼我の実力を考えればこのドローは妥当かも。シュート22本も食らっているしな。そもそも湘南はこういう試合を最後の最後に相手にもっていかれることが多い。今回は都倉に美味しいところ持っていかれなくてよかったということでw

それにしても湘南はミシャにはなかなか勝てないね。

f:id:takatoki_hojo:20181021171352j:plain

ということで、ますます混戦の残留争い。今日の結果により、次のジュビロ磐田戦がこれまた大一番ということになってしまった。

ただ、われわれにはその前にルヴァン杯決勝がある。初の夢舞台、なんとしてもタイトルをとって、クラブに新しい歴史を刻もう。そして、その勢いで残りのリーグ戦を勝ち抜こうぞ。