鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

湘南 VS. FC東京 開幕連勝ならずも手応えあり

開幕ホームでの連勝ならず。とはいえ、試合そのものは楽しめたし、悲観することは全くない! 

f:id:takatoki_hojo:20190303004731j:image

2019 J1 第2節 @ Shonan BMWスタジアム平塚
FC東京 3−2 湘南ベルマーレ

ディエゴ・オリヴェイラ永井謙佑に個でぶち破られてしまった。速いし最終ラインへの圧力もかなり強く、さすがの秋元陽太も慌てたか。2失点目、つり出された場面はもったいない。「もうちょっと簡単にー」…いや、これはGKやったことない素人の戯言か。ただ、せっかくOGで先制できたのに、前半のうちに逆転されてしまったのは、試合運びとしてはじつにもったいない。

とはいえ、試合そのものは見応えがあったし、随所に楽しめた。久保建英と齊藤未月、杉岡大暉という同世代のやりあいもみれた。なにより、逆転され、2点差にされても、あきらめずに攻め込んでいったことを評価したいんじゃよ。

武富孝介のゴールで1点差に詰め寄ったときは「いける!」と思ったし、スタジアムも大いに盛り上がった。同点・逆転のチャンスも十分にあった。それだけに悔しいわけじゃが、悲観することなど全くない。むしろ、これまで格上と感じていた相手にも、今シーズンは十分にやりあえる手応えを感じたことが収穫じゃな。

たぶん、今シーズンはこういう試合が続くじゃろう。悔しい思いをする試合もあるはず。じゃが、そうした中で一つ一つ勝ち星を積み重ねていき、一つでも上の順位を目指したいところじゃな。

心配なのは坂圭祐の負傷退場。大事に至らなければよいんじゃが。あと、菊地俊介が消えちゃっていて、試合にうまく入れてなかったようにも感じたのも気がかり。まあ、実績ある選手じゃし、これから調子を上げていってくれると期待しよう。

次はディフェンディングチャンピオンとして臨むルヴァン杯予選。おそらくターンオーバーするはずじゃが、湘南の選手層も厚くなっている。どんなスタメンでくるか、どんな活躍をみせてくれるか。期待したい。

それにしても、FC東京サポさんの蝗活おそるべし、じゃ。