鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

川崎 VS. 湘南 神奈川ダービー、フライディJリーグは完敗(泣)

おい! 川崎は調子悪いんじゃなかったのか? めちゃくちゃ強かったぞ。かくして、なすすべもなくやられちまいました。

f:id:takatoki_hojo:20190421185822j:plain

2019 J1 第8節 @ Shonan BMWスタジアム平塚
川崎フロンターレ 2−0 湘南ベルマーレ

いまひとつ本調子ではない昨年のチャンプ。しかも湘南は川崎との相性は悪くない。仕事をぶん投げて、ワクテカで駆けつけたフライデイJリーグ神奈川ダービーだったんじゃが……コテンパンにやられてしまった。

いつもそうじゃが、試合の入りは悪くなかった。自分たちでボールを動かし、相手陣内に果敢に迫り、ゴール裏の応援ボルテージも上がった。じゃが、それはほんの10分程度のことで、サクッと先制点を与えてしまった。

馬渡和彰が胸トラップで落としたところを、阿部浩之がビューティホーなボレー。ドンピシャのパスを入れたのは大島僚太か? なんでSBの馬渡があんなとこでポストプレイするんだ? これには唸ったよ。

2点目となった知念慶のゴールもお見事。ふわりとしたパスにタイミングよく抜け出され、きっちり仕留められた。あのー、川崎、ぜんぜん調子悪くないんですけど。大島僚太、ヤバいんですけど。

それでも2−0は危険なスコア。まだまだこれから。後半、湘南は4バックにして秋野央樹を投入して巻き返しを図る。じゃが、この日の選手交代はほとんど功を奏さず。実力差をまざまざと見せつけられてしまった。

それにしても……川崎って、こんなに中盤でガンガンプレッシャーかけてくるチームだったか? 早い寄せで、あっという間に囲まれてしまう。湘南がボールを持っても縦に入れられないし、攻勢に出ようとすればたちまちロスト。ノンストップ・フットボールは、ノッキング・フットボールになってしまった。

今日は打つ手なし。得点差以上の完敗。もちろん、ここを乗り越えていかないと、湘南は上にはいけないわけじゃが……