鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

湘南 VS. 名古屋 「みどりの日」だから勝つ気満々だったけど…令和初勝利はお預け

ズッ友・名古屋さん相手にまたも引き分けで令和初勝利はおあずけ。今日は「みどりの日」だし、気合いを入れて参戦したんじゃが……

f:id:takatoki_hojo:20190504203018j:image

2019 J1 第10節 @Shonan BMWスタジアム平塚
湘南ベルマーレ 1−1 名古屋グランパス

午前中は初夏の好天に恵まれたが、試合返し前には雷がなり雨もポツポツ。それでもGW中ということでチケットは完売。令和初戦のホームゲームは是が非でもGET3と行きたかったんじゃが……さすがに好調な名古屋、そうはいかなかった。

曹貴裁 VS. 風間八宏の采配と、お互いのスタイルが激突するこの試合は、前半から見応えがあった。ほぼ互角の展開の中で、湘南の方が持ち味を出せていたように思う。

よい流れのうちに先制点を!と期待していたが、前半終了間際に岡本拓也PA内に飛び込んだところを倒されてPKを獲得。これを山﨑凌吾が落ち着いてど真ん中に決めて、湘南がリードして前半を終了する。

「さあ、追加点を奪ってアクセラレーションじゃ!」という後半、試合の入り方は悪くなかった。追加点の予感も十分にあった。じゃが、この男の登場で形勢が変わってしまった。ガブリエル・シャビエル。 しかも、ジョーに変えての投入じゃ。風間監督の思い切った采配に、スタジアムはちょっとざわついたぞ。

同点弾はそのシャビエルのFKから。頭一つ抜けたシミっとにキレイに同点ヘッドを叩き込まれてしまった。これ以後、湘南は一方的に押し込まれてしまう。シャビエルは流石のパフォーマンスじゃった。

何度もヒヤリとさせられたが、かろうじて秋元陽太とポストくんが頑張って耐える。湘南もカウンターから一刺を試みるが、丸山祐市に難なく阻まれてしまった。交代カードも戦術的なものではなく、疲労による交代という感じで、今日はあまりパッとしなかったな。

f:id:takatoki_hojo:20190506004627j:plain

ということで、試合はそのままドロー。後半かなりきつかったし勝点1は御の字か。もっとも、先制しただけに勿体なさを感じるのも確かじゃ。

次節の相手も好調な大分。大分は昇格組じゃが自信をもって戦っている印象じゃな。それだけに、ちょっとギャフンと言わせてやりたい。ホームゲームだし、「勝利のダンス」を踊って、アクセラレーションしようぞ。