鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

湘南 VS. 大分 ハイプレスと疑似カウンターの対決、軍配は?

相手は強い強い大分トリニータ。湘南のハイプレスVS.大分の疑似カウンターに、わくわくしながらBMWスタジアムへ向かった。もちろん、勝つのは俺のたち湘南のはずだったんじゃが……

f:id:takatoki_hojo:20190512231343j:plain

2019 J1 第11節 @ ShonanBMWスタジアム
湘南ベルマーレ 0−1 大分トリニータ

うーん、一瞬の隙をつかれてしまった。

古巣対決も注目のこの試合、高山薫はスタメンで三竿雄斗もサブにいる。いっぽう、うちには梅崎司がいる。考えてみれば大分は、J3まで突き落とされ、そこからつくりあげ、はい上がってきたクラブ。昇格するや予想以上の奮闘ぶりで現在3位。心から敬意を表したいとは思うが、うちとしては勝っておかなけれは相手じゃ。

前半は湘南が支配した。いつものように前からプレスで圧力をかける。大分にとってはおあつらえ向きのはずで、GK・高木駿も参加して得意の疑似カウンターとやらを発動するかと思ったが、意外にもシンプルに長いボールをぼんぼん蹴ってくる。

それに対して湘南は、セカンドボールを回収して攻め込んでいく。この時間帯はうちのゲームじゃったはず。いい位置でFKを何本も得た。それでもゴールは割れず。結果論じゃが、これが響いた。梅崎のFKが入っていれば…と、今さらながら思う。あるいは、すでに片野坂さんの術中にはまっていたのかもしれない。

後半開始早々、藤本憲明に裏へ抜け出される。そのときは秋元陽太が身体を張って防いだものの、数分後、同じようなパターンで飛び出され、先制ゴールを決められてしまった。マークしていた坂圭祐をぶっ倒し、山根視来のスライディングは冷静にかわしてドカン。藤本すご! でも、ちょっと悔いが残る失点じゃったかも。

とはいえ、まだ時間はある。たまには逆転勝利もみたいぞ。そう信じて声を出す。惜しい場面は何度かつくった。指宿洋史、中川寛斗、古林将太を投入して攻め込んだが、大分の守備は固い。反対にオナイウ阿道にヒヤリとさせられるシーンも。

まあ、あんだけシュート打っているんだから、1本くらい決めて欲しかったが、大分はカメナチオ復活か。手強いわけじゃな。それでも、指宿あたりにこじあけてほしかったが、願いは届かず。なかなかうまくいかないのう。

高山はすっかり大分の選手になっていた。彼にとって、よい移籍だったということじゃな。ちなみに片野坂監督、高山→三竿の交代は、われわれへのサービス? 試合後に二人が挨拶に来てくれたけど、あとは湘南戦以外で活躍しておくれ。

それにしても、なかなか加速できんな。鈴木冬一と齊藤未月を勝利で送り出したかったが、是非に及ばず。ここは切り替えるのではなく、つきつめなきゃいけない。

ということで来週はアウエイで浦和戦。また梅崎の古巣やな。浦和も本調子じゃないから、ここは叩いておきたいところ。

わしはどうしても参戦できないけれど、吉報を待ちたい。

f:id:takatoki_hojo:20190512231353j:plain