鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

広島 VS. 湘南…雨中のアウエイ金Jで「だめだこりゃあ」の3連敗

雨中の金J、エディオンスタジアム広島はガラガラ。駆けつけた少数精鋭の湘南サポは一丸となって声を出し続けたんじゃが……

f:id:takatoki_hojo:20190616092734j:image

2019 J1 第15節 @エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 2−0 湘南ベルマーレ

ざんねんながら思い届かず完敗じゃった。 

ミラーゲームのガチ対決。湘南は縦にボールを入れて、素早い攻撃を仕掛けようとするが、これがフィニッシュまでいけない。両サイドが本職でないこともあってか、攻め上がる時の選択肢が少なく、狭い中央ばかりでノッキング。一度だけ小野田将人のシューまでいったが、ああいう場面をもっとつくりたかった。

いっぽう広島はさすがの試合巧者。次第に両サイドを蹂躙して主導権を握っていった。湘南は専守防衛を強いられ、ひたすら我慢の時間帯が続く。完全に城福さんの術中にはめられた感じじゃ。

あっぷあっぷの前半じゃったが、それでも広島の決定力不足と秋元陽太の好セーブで、どうにか0−0で耐えた。「とれるときに点をとっておかないと…」というのは“サッカーあるある”じゃし、こういう展開はおあつらえ向きなのかもしれぬ。そんな淡い期待をもって後半に臨んだんじゃが、67分に武富孝介がやらかしてしまった(泣)。

トラップを森島司にかっさらわれ、不用意なスライディングで止めにいってPK献上。「そりゃあないわ」と思わず声が出てしまった。ピッチの向こうでちんまり正座する武富の背中が悲しかったぞ。

それでもまだ1点差、とにかく追いつこうぜ! 

そんな思いで声を出す。じゃが、この後はもう、何もかもがよろしくない。交代カードも効果的ではなかったし、終了間際には右サイドをぶち抜かれ、決定的な2点目を与えてしまい万事休す。

さすがに脱力。なすすべなし。いかりや長介じゃないが、この日はほんとうに「だめだこりゃあ」の90分間じゃった。

f:id:takatoki_hojo:20190616092737j:image

2週間の準備期間があった。齊藤未月、鈴木冬一もU-20から戻ってきた。金子大毅も復帰した。それなりにやってくれるとの期待感をもっていたが、まったくだめじゃった。

苦しいチーム事情はわかる。じゃが、そういう時こそ、チャンスを与えられた選手が奮起して欲しいところ。梅崎司がいないと…菊地俊介がいないと…杉岡大暉がいないと…試合後にこんな風に思われたら、選手も嫌じゃろう?

かくして浦和戦の劇的勝利から3連敗。ここが底なのか。さらに二番底があるのか。この後の大阪2連戦がちょっと心配ではある。まあ、そういう空気感を変えるのはサポーターの力なんじゃろうから、わしもしっかり切り替えて臨むことにしよう。

ということで試合後は、広島焼に牡蠣トッピングで一人反省会。幸い、なでしこの勝利でちょっと気分は回復。湘南も勝っていたら、至福の時になったんじゃろうが、それはまあ、来年までおあずけということで。

f:id:takatoki_hojo:20190616093253j:plain