鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

湘南 VS. 鹿島…またもラストワンプレイ!坂圭祐のおかえり弾で劇的フィナーレ

ホームでの鹿島戦は今年も劇的な結末。2年連続のブザービーター、決めたのは帰ってきた坂圭祐!ただ、わざわざ劇的にしなくても、ふつうに勝ってくれればいいんじゃよ。

f:id:takatoki_hojo:20190804162856j:image

2019 J1 第21節 @Shonan BMWスタジアム平塚
湘南ベルマーレ 3ー2 鹿島アントラーズ

相手の鹿島は中2日。対する湘南は、この試合に照準を合わせて臨む。ホームゲームじゃし、このアドバンテージを生かさねばならない。当然、狙うは勝点3じゃ。

猛暑の中、前半から湘南のペースじゃった。山﨑凌吾が鬼神の活躍。野田隆之介も効いていた。ボールが2箇所で収まると何かとよい。松田天馬も躍動していたし、この日の3トップは、ほんとうに素晴らしかった。クリスラン、山田直輝も加入して、注目の3トップのスタメンじゃったが、野田の起用はチョウさん、ズバリじゃつたな。

そして杉岡大暉。ここのところ疲れからか冴えない印象じゃったが、この日は山﨑、野田のゴールを演出。後半、カウンターから立て続けに奪った2ゴールは、じつにお見事じゃった。

じゃが、このまま終われないのが辛いというか、鹿島の反撃にあって、たちまち2失点。そこからは、守備ブロックをつくり、ひたすら耐える時間が続き、嫌な空気に。そんな中、疲労の野田に代えて投入されたのが期待のクリスラン・エンリケ・ダ・シルバ・デ・ソウザじゃ(長いw)

1人でボールを運んでいった場面に、スタジアムは湧いた。惜しくもオフサイドじゃったが、シュート力のあるところをみせてくれた。献身的に守備をしてくれるようなタイプとは思えぬが、こういう展開のときのジョーカーとして、クリスランは間違いなくやってくれそうじゃ。

エンドレスラピュタの中、AT6分の表示に何かが起こる予感。そしてラストプレイ、梅崎司のCKにファーサイドで待ち構えていたのは坂圭祐じゃ。永木亮太よりアタマ3つくらい抜け出た打点の高いヘディングはピンボールのようにゴールに吸い込まれ、そのまま試合終了。

歓喜のハイタッチで揺れるゴール裏。派手に決まった湘南劇場。まあ、わざわざ劇的にしてくれなくても、ふつうに勝ってくれればいいんだけど、試合後の歓喜と落胆の振れ幅が大きいのも、湘南スタイルなんじゃろうか。それにしても、ホーム鹿島戦は、こういう結末が多いのう。

f:id:takatoki_hojo:20190804162859j:image

この後、勝負の8月は磐田、鳥栖、仙台と続いていく。この日の勝利で波に乗りたいところじゃが、好事魔多しということは、身にしみてわかっている。もう低迷している相手のカンフル剤になってはならない。もう失速は許されない。

アトレチコパラナエンセ戦を挟んでの磐田戦、とにかくここを全力で勝つのみ。今度はやれるはずじゃ、絶対に。