鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

湘南 VS. 浦和 梅崎司のPKで執念のドロー

梅崎司がPKを決めて執念のドロー。湘南の夏は終わらない!

f:id:takatoki_hojo:20190907164538j:image

2019 J1 第25節 @Shonan BMWスタジアム平塚
湘南ベルマーレ 1ー1 浦和レッズ

開始3分、右サイドの空いたスペースを武藤雄樹に突かれ、折り返しを興梠慎三に合わせられて早々に失点。得意の形でやられてしまった、

ただ、そのおかげもあってか、連戦の浦和はあまり押し出してこない。ボールを持つ時間帯は長く、試合は湘南のペースで進んでいく。

じゃが、何度となく迎えた決定機を湘南はものにすることができないまま、じりじりと時間が過ぎていく。野田隆之介、1本くらい決めてくれよ〜

そして迎えた90分、われわれの目の前で途中出場の梅崎司が倒される。正直、判定は微妙かな、とは思ったけど、主審はPKの判定。これぞゴール裏サポーターの声、スタジアムの一体感でゲットしたPKじゃ。実際、わしらのこの日の応援は浦和に引けを取らなかったと思うぞ。

ボールをセットする梅崎に浦和のGK・西川周作が近づき、2人は言葉を交わす。そうか、二人は同級生じゃもんな。試合後の談話によれば、西川が「楽しもうぜ」と声をかけたとか。なかなか胸が熱くなるシーンじゃな。ただ、その後、しつこく茶々を入れていた槙野智章は完全にお邪魔虫。お前、出てこなくていいから。湘南サポーターからもブーイングが起こる。

もっとも梅崎に言わせれば、「浦和では当たり前」の光景らしい。おかげで落ち着けたかもしれんな。湘南サポーターが固唾をのんで見守る中、梅崎は冷静に決めて、土壇場で湘南が追いついて勝点1をGETした。

f:id:takatoki_hojo:20190907164534j:image

残留、中位争いのライバルが負けている今節、この積み上げは大事。苦しんで苦しんでもぎとった勝点1に拍手を贈りたい。高橋健二コーチに今回も勝利をプレゼントすることはできなかったけど、湘南スタイルにぶれはない。むしろ一体感は強まっている。何も心配することはない。

代表ウィークでの中断期間、例の調査は進展するのじゃろうか。わしはキジェさんの復帰を信じて待っておるぞ。